ホーム » 学校の行事・集会等

学校の行事・集会等」カテゴリーアーカイブ

全校音楽~翼をください~

5月17日(金)

 毎週金曜日の朝の活動は全校音楽、今は「翼をください」の合唱練習をしています。今日は、1回目は伴奏あり、2回目は伴奏なしで合唱しました。「伴奏がないと、お互いの声がよく聞こえる」と互いの声の響きを大切にしながら歌っていました。この「翼をください」は新野小学校でも練習しています。10月の音楽会で、小中全員で合唱する予定です。

小中合同の校長講話

5月9日(木)

今年最初の校長講話を小中合同で行いました。今年は小1~中3までの児童生徒を5グループに分けた縦割りグループがあります。その初顔合わせとして、各グループで自己紹介をした後、学校や地域にかかわるクイズをみんなで考え合って答えました。中学生がリーダーシップをとりながら、さりげなく小学生に活躍の場を譲るなど、和やかに活動が進みました。学校教育目標のキーワードの一つ、「共生」(つながりを大切にしよう)の具現に向け、まずは学校内でのつながりを大切にし、さらに地域の方など学校外のいろんな人とつながり成長する子どもたちの姿を願っています。

1年生歓迎会、みんな全力で体を動かしました

4月22日(月)

2年生が中心となって企画した「1年生歓迎会」が行われました。1年生・3年生にだけでなく職員室の先生方にも招待状を配って集まり、協力して全体進行をする2年生、下級生を気遣う3年生の中で、3人の1年生も笑顔で溶け込んでいました。縦割りグループに職員も混じり、ドッジボール、スポーツ鬼ごっこに本気になり、熱気に包まれた体育館。みんなでいい汗をかいた1時間でした。

令和6年度入学式始業式 ~小中一貫教育校として第一歩を踏み出しました~

4月5日(金)

4月5日(金)、新1年生3人を迎え、入学式始業式が行われ、令和6年度の阿南第二中学校がスタートしました。本年度は、2年生4人、3年生7人、全校14人での生活となります。本年度より新野小学校との小中一貫教育校となり、中学生の新しい生活の始まりと同時に、学校も新しい仕組みのスタートとなります。小学校17人と合わせても31人の極小規模な学校ですが、少人数の良さを最大限に生かし、地域とのつながりを大切にしながら、新しい学校教育目標「自ら学び 未来を創る~自立・探究・共生」の具現を目指し、生徒・職員みんなで取り組んでいきます。

令和5年度 卒業証書授与式

3月15日(金)

 令和5年度 阿南第二中学校第77回卒業証書授与式が行われ、6名の3年生が卒業証書を受け取り、本校を巣立っていきました。最高学年として、生徒会・部活・合唱・その他さまざまな活動で憧れとなるすばらしい姿を見せてくれた3年生。少人数の中、一人一人が個性を輝かせ、互いを認め合い受け入れ合って温かな人間関係を築いていました。1・2年生も心を込めて見送りました。卒業後は、6名それぞれ違う道を歩みます。卒業生の輝く未来を祈念しています。日々の生活を支え励ましていただいたご家庭の皆様、温かく見守り支えてくださった地域の皆様、ありがとうございました。

薬物乱用防止教室

3月11日(月)

学校薬剤師の長谷川先生においでいただき、全校で薬物乱用防止教室を開き「喫煙とたばこの害」について学びました。たばこに含まれる有害物質と体への影響(害)、副流煙の危険性などを学び、「実際に喫煙を勧められたらどう断るか」を小グループでロールプレイしてみました。お話を聞いて、「たばこの害がよくわかった。周りの人でたばこを吸っている人がいたら、健康でいてもらいたいのでやめるよう働きかけたい」と話す生徒もいました。

卒業式歌の練習

3月8日(金)

 卒業式が1週間後に迫ったこの日、本校の元校長先生である塩澤先生においでいただき、卒業式で歌う歌を指導していただきました。まず3時間目に、全校で歌う「旅立ちの日に」。一つのフレーズは途中を切らずに歌うこと、だんだん盛り上げることを意識して歌うことの大切さを改めて教えていただきました。続く4時間目は3年生が歌う「正解」。Jポップを合唱にする難しい曲ですが、一つ一つの歌詞を大切にすること、各パートが主旋律を歌う時の周りの声量に配慮することなど、丁寧に教えていただきました。気持ちのこもった歌声に磨きがかかっています。

全校音楽~卒業式歌練習~

2月16日(金)

毎週金曜日朝の全校音楽、今は卒業式歌「旅立ちの日に」を練習しています。先週から、各パートを合わせ全校での練習をはじめました。全校生徒17人のうち女子は6人ですがピアノ伴奏でさらに1減。今日の練習では、3年生のリーダーから「男子の声に負けないよう、ソプラノもがんばりましょう」「mp→mf→fとなっていくところを意識して」と声がかかり、精一杯歌っていました。卒業式は3月15日、いよいよあと一か月を切りました。

小中合同で全校集会

2月8日(木)

4月から小中一貫教育校となる阿南第二中学校と新野小学校。今週と来週は、4月からの新日課を試行しています。今朝は、小中合同の全校集会を新野小学校体育館で行いました。小学校野村校長先生のお話の後、アイスブレイクとして、校長先生が手をたたいた人数でグループを作るゲームをしました。小学生は、最初恥ずかしさからか中学生から離れていってしまったのですが、さすが中学生のお兄さんお姉さん、自分たちから小学生に声をかけ、グループを作っていました。気温はマイナスの体育館でしたが、心が温まる時間となりました。

雪の朝、生徒・職員で雪かき

2月6日(火)

長野県南部にも大雪警報が出された昨日からの雪が10cmほど積もりました。今朝は、早く来た職員から雪かきを始めましたが、重く湿った雪で大変。7:30を過ぎ、登校してきた生徒たちが次々と雪かきの手伝いをしてくれました。人数は少なくてもさすが中学生の力、玄関前から駐車場周辺、小学校の体育館前まで、朝の会が始まる前までにきれいに雪をかくことができ、いつものように学校生活を始めることができました。地域の皆様にも早朝から通学路の雪かき等で大変お世話になりました。ありがとうございました。

マネジメントノートの使い方を再確認

1月31日(水)

阿南第二中学校の教育活動の重点に、「自分から」「見通す」「振り返る」の3つのキーワードがあります。自分の生活を自らマネジメントできるよう、生徒は「マネジメントノート」を使っていますが、活用状況は今一つということで、全校集会を開き、改めてマネジメントノートの活用について考えました。来週2月5日(月)から22日(木)までを「マネジメントノート強化旬間」として、ノートを活用して、自分の生活を自分でマネジメント(見通し、振り返る)できる力を伸ばしていきます。

全校百人一首大会

1月19日(金)

3時間目に全校生徒が集まり百人一首大会をしました。12月に1回、1月にも1回練習として全校で行い、今日がいよいよ本番。3~4人ずつグループに分かれ、集中して耳を澄まし、真剣な表情で札に向かっていました。最も多く取った生徒は52枚。枚数は少なくても「冬休み中に覚えた札は上の句だけで取れた」とうれしそうな生徒もいました。

3学期始業式

1月9日(火)

 17日間の長い年末年始休業が終わり、3学期初日を迎えました。始業式では、各学年代表生徒が決意表明をし、1・2年生代表は「テストに向け計画的に取り組みたい」「バドミントン部の練習をがんばりたい」「生徒会の委員長として行事や企画をよりよいもにしたい」「マネジメントノートを活用して、やるべきことに計画的に取り組みたい」などの目標を発表、3年生代表は「受験に向けて、面接練習・教科学習をしっかりやりたい」「健康管理をしっかりする」「最後の行事一つ一つに積極的に参加したのしみたい」「仲間との一日一日を大切にしたい」と中学校生活最後の学期に向けての目標を発表しました。3学期の登校日数は45日。それぞれの目標達成目指して第1日目のスタートです。

二学期終業式 ~85日間の二学期終了~

12月22日(金)

 本日、二学期の終業式が行われ、各学年代表の3名が、紅樹祭(文化祭)、新人戦、福祉体験学習、日々の学習・テストなどを振り返り、成果や今後に向けての課題を発表しました。学校長からは、二学期の生徒たちの活動と成長の姿に触れ、「これからも『自分を見つめる目』と『外に向ける目』を大切に」と話がありました。明日から17日間の冬休みに入ります。

国語の時間に全校で百人一首

12月18日(月)

5時間目の国語の時間に全校で百人一首に取り組みました。まずは3~4人の4つのグループに分かれ50首取り、その後各グループでの1~4位の順位別のグループを作り後半戦を行いました。ほぼ百首すべて上の句から下の句まで覚えている生徒の強さに圧倒されつつも、それぞれ1枚でも多く札を取ろうと集中して取り組んでいました。対戦終了後、一首でも得意札を増やそうとして暗記にチャレンジしている生徒たちでした。

全校道徳「平等って?」

12月14日(木)

 今回の全校道徳では、「賛成3,反対37。多数決をしたら僕の意見は通らなかった。人数の多いほうが正しいってどうして言えるんだろう?」という発問から始まり、「平等な多数決ってなに?どうしたら平等な多数決ができるんだろう?」ということについて考え合いました。授業の振り返りでは、「平等な多数決はないけれど、話し合いをしたりお互いの意見を尊重することで少しでも平等にすることができるし、お互いの意見を尊重することはとても大事だと思った。」「自分が人数が多い方(少ない方)になっても、意見を言ったり聞いたりすることを大切にしたい。」「多数決が一番簡単だけど、その分悲しむ人がはっきり分かれる。本当にそれでみんなが納得できるかを考える。」など、物事を話し合って決めること、違う意見も尊重しながら決めていくことの大切さを感じていました。

「難民から考える人権」

12月1日(金)

人権旬間に合わせて行われる人権教育講演会、本年度は東京大学大学院教育学専攻科在籍でグローバル多文化社会研究所研究員の上原菜緒子さんをお招きして、「難民から考える人権」という演題でお話をお聞きしました。日本の難民認定制度や認定率についての資料や、難民審査のロールプレイの体験等を通して、言葉では聞いたことはあるけれどよくわからなかった「難民」とは、「日本の難民受け入れの実態」等について学びました。「テレビなどでしか見たことがなくて自分には関係のないことだと思っていたけれど、今日の講演を聞いて難民の人たちがどんな苦労をしているのか分かって、もっと難民な人たちの事について知り理解しようと思った。」「自分の国から出てきた不安がある中で更に今の日本で申請を認めるのに時間がかかり不安が大きい人が多くいることに対して何とも言えない気持ちになりました。。考えるきっかけになりました。」など、今まで知らなかった「難民問題(人権について)」考える貴重な機会となりました。

東町花壇の片付け

12月1日(金)

学校前の国道151号線「新野東町」交差点の花壇の整備作業を行いました。春に植えて、新野の夏を彩ったサルビア・マリーゴールド・ベゴニアの花々が枯れ、雑草が茂っている状態でしたが、全校で約1時間の作業ですっかりきれいになりました。

予告なし避難訓練

11月15日(水)

本年度3回目の避難訓練は、予告なしで休み時間に行われました。訓練の緊急地震速報が入り、その後校庭へ避難、職員によるけが人の救出訓練、という内容でしたが、教室、図書館、廊下、トイレなど、それぞれの場所から落ち着いた行動ができました。訓練終了後、全員で振り返りをして、「ストーブのスイッチを消してくればよかった」「図書館から教室に戻ってヘルメットをかぶったけど、図書館にもヘルメットがあることを知らなかった」など、あらためていざという時の行動について確認し合いました。

全校道徳~本当の友達とは~

11月10日(金)

全校道徳で、「泣いた赤鬼」を題材に「本当の友達とは」を考え合いました。「赤鬼の思いは?」「青鬼の思いは?」について意見を出し合い、「2人は本当の友達といえるのか」について、「心の数直線」というツールやロイロノートを使ったりしながら考え合いました。振り返りの学習カードでは、「どちらか片方が友情と思っていればそれはそれでいいのでは」「どちらともが幸せな思いになれるのが友情」「互いを思いやりながら、自分の気持ちを言い合えたり考え合えたりするのが友だちで友情」「みんな意見が違った。赤鬼、青鬼とも仲間思いだった。青鬼には青鬼のやさしさがあった」「みんな意見(友達の定義)が違う。友達は難しい」など、授業を通して改めて自分としての「友達(友情)」を捉え直していました。

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031